静岡新聞NEWS

マイクロ水力発電スタート 熱海・宮川浄水場

(2019/2/20 08:01)
新たに設置されたマイクロ水力発電設備=熱海市の宮川浄水場
新たに設置されたマイクロ水力発電設備=熱海市の宮川浄水場

 熱海市とダイキン工業の子会社「DK-Power(ディーケーパワー)」(大阪府吹田市)はこのほど、熱海市下多賀の宮川浄水場にマイクロ発電所を設置し、発電を開始した。
 発電所は、宮川と同浄水場を結ぶ導水管の水圧を利用して水車を回し、電気を生み出す。年間の発電量は一般家庭50軒分に相当する16万1千キロワット時。設置や運営に掛かる費用は全額同社が負担し、売電で得た利益の一部と行政財産の使用料を市に支払う。契約期間は2039年までの20年間。
 19日には、斉藤栄市長が同社の松浦哲哉社長らの案内で発電設備を視察した。斉藤市長は「市内のエネルギーの地産地消に役立つと期待している」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト