静岡新聞NEWS

移住の夫妻、菜の花祝福 南伊豆町民や高校生が演出

(2019/2/18 08:15)
菜の花畑での人前結婚式で、ウエディングケーキに入刀する平子さん夫妻(右)=南伊豆町
菜の花畑での人前結婚式で、ウエディングケーキに入刀する平子さん夫妻(右)=南伊豆町

 南伊豆町に移住した平子高麗さん(33)と妻の香織さん(29)が17日、同町の菜の花畑で人前結婚式を挙げた。3月10日まで開催中の「みなみの桜と菜の花まつり」(同実行委員会主催)の関連イベント。地域住民や地元の高校生が満開の菜の花畑で手作りの結婚式を演出し、2人を祝福した。
 親族や地域住民、観光客らが見守る中、2人は「初めて出会ったころの気持ちと今日の感動をいつまでも大切に持ち続け、ともに人生を歩いていきます」と宣誓。結婚証明書に署名し、誓いの鐘を高らかに鳴らした。
 高麗さんは福井県、香織さんは岐阜県の出身。高麗さんが趣味のサーフィンで訪れていた南伊豆町を気に入り、2017年6月の入籍を機に移住した。当初は親族が集まりやすい名古屋市で結婚式を予定していたが、高麗さんの父親が大病を患い中止に。代わりに菜の花結婚式に申し込み、応募6組の中から挙式対象に選ばれた。
 舞台設営やウエディングケーキ作り、入退場に使った馬車の用意などは町商工会青年部の会員らが担当。音楽は県立下田高(下田市)の吹奏楽部が演奏した。菜の花結婚式は19回目。平子さん夫妻を含め、21組のカップルが誕生した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト