静岡新聞NEWS

雛フェスで東伊豆活性化 若者計画、3月2、3日に

(2019/2/16 07:56)
東伊豆町商工会青年部などが開いた「雛フェス」の事前説明会。3月2、3日にイベントを開催する=東伊豆町商工会館
東伊豆町商工会青年部などが開いた「雛フェス」の事前説明会。3月2、3日にイベントを開催する=東伊豆町商工会館

 東伊豆町商工会青年部と町の地域おこし協力隊が3月2、3日、同町稲取地区で「雛(ひな)フェス」を開く。稲取温泉で開催中の「雛のつるし飾りまつり」に合わせた初のまちおこしイベント。高齢化や商店街の空洞化が進む中、地域の若者が力を合わせて活性化を目指す。
 会場は伊豆急伊豆稲取駅から温泉街にかけての中心街。このうち、町役場西側の主要道約400メートルは歩行者天国にして、そぞろ歩きを楽しんでもらう。14日には商工会館に関係者17人が集まり、実行委員会が概要を説明した。
 コンセプトは「空き店舗を活用した地域振興」。空き店舗に11団体が出店し、地場産品の販売や工芸体験、展示会などを企画する。河津町の動物園「イズー」も出店し、は虫類とのふれあい体験ができるという。
 歩行者天国には42の露店が並び、舞台発表を行う。実行委は「地域の新しい魅力を生み出し、つるし飾りまつりとの相乗効果で観光客数と滞在時間を増やしたい」としている。
 両日とも午前10時から午後3時まで。雨天時はイベントを縮小して開く。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト