静岡新聞NEWS

自宅に「温泉デリバリー」 2月限定、松崎町内全域

(2019/2/14 09:07)
トラックのタンクから自宅内の風呂に供給される温泉=松崎町松崎
トラックのタンクから自宅内の風呂に供給される温泉=松崎町松崎

 松崎町は2月限定で、町民の自宅に温泉を無料配達する「温泉デリバリー」を試験的に実施している。町内には温泉をくみ上げる町営施設が5カ所あるが、いずれも出量能力を抑え、温泉の余剰状態が続いている。今年で3年目を迎える取り組み。自宅で温泉を体感し、町民の利用促進や健康増進につなげ、地域資源の有効活用を図る。
 町の温泉を引くことができるのは、地中に配管が整備された地区で、利用世帯が限られていた。町によると現在、温泉出量は毎日約千トンで、800トンを町内350世帯に配湯している。
 以前は多くの人が家庭で温泉を楽しんでいたが、人口減少や町外への転出に伴い、温泉利用世帯が減っているという。
 初年度は申し込みがなく、2年目は3件。今年からは配達範囲を町内全域に拡大してより利用しやすくし、6件の申し込みがあったという。
 町生活環境課の鈴木悟課長は「自宅で温泉に入れるのは伊豆半島ならでは。貴重な資源を生かすためにも、多くの町民に自宅での温泉を試してほしい」と話す。町は町民の意見や感想を踏まえ、効率的な供給方法などを検討していく方針。
 13日には同町松崎の男性(75)宅に温泉を載せたトラックが到着。タンクと自宅内の風呂をホースでつなぎ、約55度の温泉が供給された。石田さんは「自宅で温泉を楽しめるのはうれしい。加入を検討したい」と笑顔で話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト