静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

韮山城の堀跡見学 伊豆の国、現地で発掘調査説明会

(2019/1/27 08:35)
発掘で確認された堀の跡を紹介した現地説明会=伊豆の国市韮山土手和田
発掘で確認された堀の跡を紹介した現地説明会=伊豆の国市韮山土手和田

 伊豆の国市教育委員会は26日、今月上旬から発掘調査を始めた韮山城跡の現地説明会を同市韮山土手和田で開いた。地元住民を中心に約50人が参加し、発掘で確認された堀の跡を見学した。
 発掘場所は韮山城の中心となる本城から南に約300メートルの土手和田遺構群。すでに堀の存在が確認されていた部分を掘り進めて詳細を調査した。30~40メートルの範囲にL字形に堀が築かれ、幅は約5~6メートル、深さは最大で約3メートルあった。堀の中を区切って敵が堀底を移動しにくくにする「堀障子」も発見した。
 堀は山の岩盤を削って築いていることから、市教委の担当者は「城のごく一部だが大変な労力をかけて整備していたことがわかる」と説明した。
 韮山城は戦国武将の北条早雲が築いて本拠とした。息子の氏綱が小田原に本拠を移してからは伊豆地域を治める支城となったが、今川氏や武田氏などの侵攻の防御拠点として重要な役割を果たした。
 調査は2月初旬までだが、国指定史跡を目指して2019年度も実施する予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト