静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

明治から現代、ひな飾り150体 伊東・東海館

(2019/1/23 08:24)
明治から現代までのひな飾りが並ぶ展示=伊東市の東海館
明治から現代までのひな飾りが並ぶ展示=伊東市の東海館

 ひな飾りの祭典「第7回伊東MAGARI(まがり)雛(びな)」(実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)の一環で、明治から大正、昭和、現代までのひな飾りを集めた展示が伊東市の温泉観光・文化施設「東海館」で開かれている。段飾りを中心に約150体のひな人形が並ぶ。3月中旬まで。
 ひな飾りを保存する市民グループ「伊東百人会」の協力で開催。同館の3階大広間に赤い布を敷き、時代別にひな壇を飾り付けた。着物や髪形、装飾物などの時代ごとの変化を楽しむことができる。1階入り口にはろうそくや貝殻、茶せんなどを用いた変わりびなも飾っている。
 東伊豆町稲取の「雛のつるし飾りまつり」とも連携していて、同まつりの展示会場「文化公園雛の館」などと、東海館の両方を訪れた来場者には入館料の割引サービスがある。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト