静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ペンギンの生態、間近で観察 南伊豆・東小1~4年生

(2019/1/17 08:52)
よちよち歩くオウサマペンギンを間近で観察する児童=南伊豆町立東小
よちよち歩くオウサマペンギンを間近で観察する児童=南伊豆町立東小

 下田市の下田海中水族館は16日、「ペンギン教室」を南伊豆町立東小で開いた。1~4年生約80人がペンギンの生態などを学んだり、同館で飼育されているオウサマペンギンを観察したりした。
 講義では同館の飼育員柏倉瑞恵さんが講師を務め、写真映像を交えながらペンギンの卵の温め方や成体になるまでの成長過程、年に1度羽が生え換わる「換羽」などについて解説した。2年生の国語の教科書にペンギンの子育てに関する物語が出てくることもあって、児童たちは積極的に質問を繰り返していた。
 その後、児童らは校庭に移動し、オウサマペンギンの雄「さんちゃん」と雌「てんてん」を間近で観察。よちよち歩くかわいらしい姿に一同はくぎ付けになっていた。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト