静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2こども食堂継続支援、工場野菜を無償提供 富士

(2018/12/6 08:15)
こども食堂を運営する団体の代表者に工場野菜を贈る久保田社長(右)=富士市の富士山グリーンファーム本社工場
こども食堂を運営する団体の代表者に工場野菜を贈る久保田社長(右)=富士市の富士山グリーンファーム本社工場

 富士市の平和ハウジングは12月から、市内のこども食堂2カ所の支援に乗り出すことを決めた。関連会社の富士山グリーンファームで生産したレタス、小松菜、サラダ菜などの工場野菜を毎週、無償提供する。当面は1年間継続する予定。
 寄贈先はNPO法人「ゆめ・まち・ねっと」(渡部達也代表)と、こども食堂富士見台(大庭あゆみ代表)。初回の4日は、同市島田町の富士山グリーンファーム本社工場で贈呈式を行い、久保田紀之社長が両団体の代表者に新鮮な野菜のパックを手渡した。
 提供するのは毎週計34パック。工場で生産する8種類の葉物野菜の中から、在庫状況を見ながら数種類を選んで箱詰めして贈る。
 「子どもたちの健全育成に貢献したい」との思いを形にした久保田社長は、「こうした支援の輪が市内のさまざまな事業所に広がるきっかけになれば」と話した。
 両団体は週1回、こども食堂を運営している。渡部代表は「企業に支えていただけるのはありがたい。子どもたちも楽しみにしている」と感謝し、大庭代表は「食材調達には苦労していたので助かる。スープや炒め物にしたい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト