静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

小山町に「ドローン部隊」 若手職員、操縦技能学ぶ

(2018/11/9 08:15)
屋外で初めてドローンを操縦する小山町職員=同町多目的広場
屋外で初めてドローンを操縦する小山町職員=同町多目的広場

 小山町の若手職員が業務に生かそうと、小型無人機ドローンの操縦技能を身に付ける講習を受けている。8日に町多目的広場で初の屋外飛行を行い、これまでの学びの成果を確かめた。1機を保有する町は、受講者の中から利用が見込める課の職員を選抜して「ドローン部隊」を結成し、多分野で積極活用する考え。
 受講しているのは、広報力強化を目指して各課から選出されたシティプロモーション推進庁内検討会議委員。
 専門機関から無人航空機操縦技能と安全運航管理者の認定を受ける前田修農林課長を講師に、飛行の仕組みや関連法令に関する知識を得て、屋内で操縦技能を磨いてきた。
 屋外飛行は一連の講習の集大成。受講生はコントローラーを操作し、離着陸やホバリング、水平移動、写真撮影などを実践した。
 町はこれまで、イベントの広報や山林測量、災害現場の状況確認にドローンを利用した。今後、農薬や肥料散布、橋の測量、有害鳥獣の調査などでの活用を模索する。ドローン部隊に選ばれた職員は、本年度内に10時間の飛行訓練を重ねてスキルを高めるという。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト