静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

宮川浄水場に水力発電 熱海市、大阪の企業と協力

(2018/11/7 07:57)
マイクロ水力発電所を設置予定の宮川浄水場=熱海市下多賀
マイクロ水力発電所を設置予定の宮川浄水場=熱海市下多賀

 熱海市とダイキン工業の子会社「DK-Power(ディーケーパワー)」(大阪府吹田市)は、熱海市の宮川浄水場にマイクロ水力発電所を設置する。早ければ、年度内にも稼働する見通し。
 計画では、宮川から取水した水が流れ込む着水井と呼ばれる設備の脇に発電機を設置し、一部の水を発電に使用する。年間の発電量は、一般家庭50軒分に相当する16万1千キロワット時。電気はすべて東京電力に売電し、同社側が土地使用料や売電で得た利益の一部を市に支払う。発電所の設置と運営に掛かる費用も全額同社が負担。上水道の水質に影響はないという。
 市水道温泉課によると、市内を流れる河川は勾配が急でマイクロ水力発電に必要な落差を確保しやすいという。2年ほど前、ダイキン工業から発電所設置に関する相談があり、適地を検討した結果、同浄水場が選ばれたという。同課の担当者は「発電を通じ、今まで使われてこなかった余剰エネルギーの有効活用につなげたい」と話している。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト