静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

韓国-ロシア帆船レース、沼津のAmi号2位 船長ら報告会

(2018/11/5 08:03)
帆船レースの結果を報告する船長の溜さん(前列右から3人目)=沼津市内
帆船レースの結果を報告する船長の溜さん(前列右から3人目)=沼津市内

 韓国・麗水(よす)市-ロシア・ウラジオストク間で9月に行われた帆船レース「トール・シップ・レガッタ」に参加した帆船Ami(あみ)号が10月初旬、母港の沼津市・静浦に帰港した。船長の溜光男さん(70)ら関係者が11月2日夜、同市内で報告会を開いた。
 Ami号は6月23日に沼津港を出発し、和歌山、広島、京都など各県の港に寄りながら、8月下旬に麗水に到着。9月4~9日までの6日間でウラジオストクまで航海し、ロシア、韓国、日本などから7船が出場する中、3千トン以下の船が集まるB~Dのクラスで2位でゴールした。
 溜さんを含め、レースに出場した船員6人が報告会に臨み、各港での思い出やレース中のエピソードを動画や写真で紹介。船内での食事風景や、ロシアで行われたパレードやパーティーの様子も見せた。期間中は台風の影響で行程が遅れることもあったが、レース中は晴天に恵まれたという。溜さんは「まさに順風満帆の旅だった。無事に帰れたことが何より」と笑顔を見せ、「思いがけず賞も取れた。ありがとうございました」と述べた。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト