静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ミカンのビール、今年も 伊東・宇佐美麦酒製造×東大サークル

(2018/11/3 08:20)
醸造3年目を迎えたみかん・デ・エール=伊東市宇佐美の宇佐美麦酒製造
醸造3年目を迎えたみかん・デ・エール=伊東市宇佐美の宇佐美麦酒製造

 伊東市宇佐美のクラフトビール工場「宇佐美麦酒製造」が今季も、東京大のサークル「みかん愛好会」とコラボしたフルーツビール「みかん・デ・エール」を醸造している。3年目の今年は製法を工夫しミカンの香りを引き立たせた。昨年より2000本多い6000本を限定発売する。
 ミカン消費量の増大を目指す同愛好会の活動は、農業関係者や企業と連携し地域振興にまで発展している。2014年に同社のミカン園でイベントを開催したのを機に、取締役の加藤泰克さん(37)がコラボ企画を提案し、みかん・デ・エールの醸造を開始。学生はラベルデザインを考案した。
 製品は水と大麦麦芽、自家栽培の温州ミカン、ポップ、酵母などを加え発酵させる。昨年まで生の輪切りミカンを加えていたが、今年は冷凍させた上に砕くことで、皮に残る香り成分を最大限生かした。加藤さんは「猛暑でミカン自体の甘みが強いため、エールもフレッシュな仕上がり。若い人やビールが苦手な女性にも飲みやすいのでは」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト