静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

絵本読み聞かせ、切り抜き楽しむ 清水町こども交流館10周年

(2018/9/23 09:23)
段ボールを使ったワークショップに参加する子どもら=清水町こども交流館
段ボールを使ったワークショップに参加する子どもら=清水町こども交流館

 清水町伏見の町こども交流館は22日、開館10周年記念イベントをサントムーンアネックス内の同館で行った。町内の親子ら約80人が絵本の読み聞かせやワークショップを楽しみ、節目を祝った。
 同町出身の絵本作家宮西達也さん(61)がゲストとして招かれ、「僕が生まれ育った町で、こうして子どもたちやお父さんお母さんと楽しい時間を過ごせることを感謝します」とあいさつ。「ドロドロドロンキーとゆうすいくん」「おまえうまそうだな」などの絵本を情感たっぷりに読み聞かせた。
 ワークショップで子どもたちは、宮西さんにアドバイスを受けながらティラノサウルスなどの絵を段ボールに描き、はさみで切り抜いて遊んだ。
 こども交流館は民営の児童図書館を引き継ぐ形で、2008年9月に開館した。児童書を中心に約1万冊の蔵書がある。これまで延べ約20万人が利用した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト