静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

低速電動バスを試験運行 沼津駅―港間で10月6日から

(2018/9/22 09:01)
沼津市が試験運行する低速電動バス
沼津市が試験運行する低速電動バス

 沼津市はJR沼津駅と観光客でにぎわう沼津港を結ぶルートで、小型の低速電動バスを運行する社会実験を10月6日から約1カ月間実施する。新しいタイプの交通手段を取り入れることで、観光客や住民の利便性が高まるかなど効果を検証し、将来的な公共交通の在り方を検討する。
 運行するのは最高時速19キロの低速電動バス「eCOM-8」(定員9人)。同タイプのバスは群馬県桐生市など数都市で導入されていて、県内での運行は初めて。民間バス事業者2社に委託し、JR沼津駅と沼津港を結ぶ約2キロの区間を運行する。料金は無料。
 期間中は運行ルートに専用バス停2カ所も新設して乗降の利便性を高めるほか、週末は観光客の利用を見込んで沼津港行きを直行便とする。
 沼津港付近は観光客の車で渋滞する一方、駅周辺ににぎわいが波及しないなどの課題がある。市の担当者は「将来的には自動運転の可能性も含めた交通体系を検討したい」とした上で「まずは利用者にゆったりと景色を楽しんだり、途中下車して街歩きを楽しんだりしてもらいたい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト