静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

北斎、広重作品150点 三島・佐野美術館で展覧会

(2018/9/9 08:17)
葛飾北斎と歌川広重の作品を並べた展覧会=8日午前、三島市の佐野美術館
葛飾北斎と歌川広重の作品を並べた展覧会=8日午前、三島市の佐野美術館

 江戸時代後期に活躍した葛飾北斎と歌川広重の浮世絵版画を集めた展覧会「江戸にあそび、街道をゆく 北斎・広重競(くら)べ」(静岡新聞社・静岡放送など主催)が8日、三島市の佐野美術館で始まった。10月14日まで。
 大阪府の和泉市久保惣記念美術館の協力を受け、6千点以上のコレクションから厳選した約150点を出品。北斎、広重が描いた東海道五十三次の作品を、県内の宿場町を中心に対にして展示した。来場者はそれぞれの表現の違いを見比べ、楽しんでいる。
 担当学芸員の河内えり子さん(47)は「県内ゆかりの作品が集まっている。江戸時代の文化なども感じてくれたら」と話している。9月15日、10月13日には、河内さんによるギャラリートークを行う。
 入館料は一般・大学生千円、小中校生500円。木曜休館。問い合わせは佐野美術館<電055(975)7278>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト