静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

市民劇団「いず夢」20周年公演へ 本番向け稽古熱気

(2018/9/7 08:52)
藤田さん(左端)の指導も入り、稽古に励む団員たち=伊豆の国市の韮山時代劇場
藤田さん(左端)の指導も入り、稽古に励む団員たち=伊豆の国市の韮山時代劇場

 女優藤田弓子さんが座長を務める伊豆の国市の市民劇団「いず夢」が8、9の両日、20周年記念公演「ゴーストギャング」を同市の韮山時代劇場で行う。節目を飾るのは10年ぶりの上演となるミュージカル作品で、出演者が本番に向けて稽古に励んでいる。
 作品はこの世に未練を残した幽霊たちがまじない師に唆されて銀行強盗を計画する、という物語。藤田さんの夫で放送作家の河野洋さん原作で、2005年に初演、08年にミュージカルとして再演している。5日夜の稽古では、団員が藤田さんらの指導を受けながら一つ一つの動きやせりふを確認した。藤田さんは「本格的なミュージカルになった。芝居の面白さを感じてもらえたら」と話す。
 同劇団は韮山時代劇場付属劇団として1998年に発足し、99年に初公演。20周年の今年は6月に特別公演「弓子の部屋」を開催し、12月にも公演を予定しているという。
 8日は午後6時半、9日は午後2時開演。一般1800円(前売り1500円)、高校生以下500円。問い合わせは劇団事務局<電080(2618)9106>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト