静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ヘダ号」から友好の歴史学ぶ ロシアの学生、沼津・戸田を訪問

(2018/8/17 09:12)
ヘダ号の模型を見学するロシアの学生たち=沼津市戸田の戸田造船郷土資料博物館
ヘダ号の模型を見学するロシアの学生たち=沼津市戸田の戸田造船郷土資料博物館

 ロシアの極東連邦大とサハリン国立大の学生39人が16日、江戸末期にロシア軍艦「ディアナ号」の代船「ヘダ号」が建造された沼津市戸田地区を訪れて日露友好の歴史を学んだ。東海大(神奈川県平塚市)が取り組む日露青年交流事業の一環で、19日まで国内に滞在して日本の文化や歴史、産業などを学ぶ。
 ロシアの学生は同地区の戸田造船郷土資料博物館を訪問。NPO法人戸田日露交流協会の幹部が博物館に展示されているディアナ号やヘダ号の模型、当時の人々の様子を描いた絵などを紹介した。「ヘダ号の建造が、日本の造船技術の向上と造船業界の発展の契機となった」と解説した。
 国際関係について学ぶ極東連邦大の4年生(21)は「日露関係の歴史を知り、良い勉強になった。今後は日本文化や人々の暮らしも見てみたい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト