静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

標高差3258メートル、健脚競う 富士登山駅伝

(2018/8/6 08:02)
一斉にスタートする選手=5日午前、御殿場市のJR御殿場駅前
一斉にスタートする選手=5日午前、御殿場市のJR御殿場駅前

 御殿場市の市街地と富士山頂を往復する秩父宮記念第43回富士登山駅伝競走大会(市、静岡陸上競技協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が5日、行われた。全国から128チームが集い、真夏の富士山を舞台に健脚を競った。
 JR御殿場駅前をスタートし、富士山頂で折り返して市陸上競技場にゴールする47・93キロ。標高差3258メートルの11区間を、6人でたすきをつないだ。
 各チームのエースがそろうのは、いずれも標高差が千メートル以上ある登りの5区と下りの7区。5区では、急勾配の砂地に足を取られそうになりながらも、必死で上を目指した。7区では、御殿場ルート名物の砂走りを跳び滑るように下った。
 山頂の浅間神社奥宮前では、6区の走者が登頂の証しとしてたすきに印を受けた。
 一般の部はトヨタスポーツマンクラブ(愛知県)が11連覇を達成し、自衛隊の部は御殿場滝ケ原自衛隊が4連覇を果たした。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト