静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

山車コンクール準備に力 熱海こがし祭り、節目の50回

(2018/7/13 08:26)
山車の飾り付け作業に取り組む市民=熱海市渚町
山車の飾り付け作業に取り組む市民=熱海市渚町

 熱海市の夏の風物詩「熱海こがし祭り山車コンクール」(市観光協会主催)が15、16の両日、同市中心市街で行われる。今年は第50回の節目に当たり、参加を予定している市内の各町内会は、準備に力を入れている。
 今年は装飾の部に18台、木彫りの部に15台の山車が参加する。各町内会は7月初旬ごろから、山車用の小屋を建てて準備作業を開始。山車でおはやしを披露する子どもたちも、練習に励んでいる。
 コンクールは毎年、同市の来宮神社の例大祭に合わせて実施している。同神社などによると、山車の引き回しは古くから行われていたが、観光振興につなげようと各町内会が順位を競う現在の形式になったという。
 各町内会とも少子化に伴う担い手減少といった課題は抱えるが、今年は銀座町内会が全国の祭りを支援する団体と協力し、東京から親子連れの体験参加を募るなど、新たな試みも始まっている。
 同神社の雨宮盛克宮司は「祭りが世代を超え、地域コミュニティーを活性化する場になってほしい」と話す。
 コンクールは各日午後6時半に開始予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト