静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

琳派の絵画、工芸品50点を紹介 熱海

(2018/7/11 08:05)
琳派の多彩な作品が並ぶ会場=熱海市のMOA美術館
琳派の多彩な作品が並ぶ会場=熱海市のMOA美術館

 熱海市のMOA美術館で17日まで、企画展「琳派(りんぱ)-光悦と光琳」が開かれている。琳派の代表的な作家が手掛けた絵画や硯(すずり)箱、茶わん、びょうぶなど約50点を紹介している。江戸時代初期に活躍した本阿弥光悦や俵屋宗達をはじめ、尾形光琳、酒井抱一らの作品が並ぶ。琳派の作品に共通して見られる四季の移ろいや自然の美しさといった題材、斬新な表現手法などが来館者の注目を集めている。開館は午前9時半から午後4時半。木曜休館。16日午後1時半から、メインロビーで熱海芸妓(げいぎ)衆による公演もある。問い合わせは同美術館<電0557(84)2511>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト