静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

伝統米「愛国」田植え 南伊豆・南上小4、5年生

(2018/6/14 08:03)
南伊豆町発祥の伝統米「愛国」の苗を植える児童=同町
南伊豆町発祥の伝統米「愛国」の苗を植える児童=同町

 南伊豆町立南上小の4、5年生13人が13日、学校近くの田んぼで田植えを行った。同町発祥の伝統米「愛国」を栽培し、今秋に収穫して他品種と味や香りなどを比べる。
 児童は横一列に並んで田んぼに入り、地元の農家や保護者らと一緒に等間隔の目印が付いたロープに沿って苗を植えた。25センチ前後の青々とした苗は児童が種をまき、校内で育てたという。
 減農薬栽培で児童は草取りを手伝い、9月下旬に稲刈りを計画。約130平方メートルの水田を利用し、80キロ前後の収穫を目指す。コシヒカリやキヌムスメなど3種類の主流米と食べ比べ、学校行事や各家庭でも味わうという。
 愛国は現在、国内で流通する多くの品種の共通先祖で、明治から昭和初期にかけて東日本を中心に広まった。米粒が大きく、同町内では現在、日本酒米として一部の農家が栽培している。
 南上小の周辺は他の田んぼがなく交雑しないため、児童の体験学習とともに、生産者が品種を引き継ぐ「保存米」としても活用している。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト