静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

海底熟成ワイン引き上げ 伊豆市商工会土肥支部、7月に開栓式

(2018/5/9 08:16)
引き上げたワインの状態を確認する関係者=伊豆市土肥
引き上げたワインの状態を確認する関係者=伊豆市土肥

 伊豆市商工会土肥支部事業部は8日、駿河湾の海底に沈めて約4カ月間にわたって熟成させた赤ワイン約90本の引き上げ作業を同市八木沢沖で行った。海底熟成ワインの製造は4年目。今後、温度変化の少ない土肥金山の坑道で保管し、7月に開栓式を行う。
 同事業部のメンバーやダイバーら約10人が船に乗り、1月13日に沈めた水深15~20メートルの海底から、コンテナを引き上げた。船着き場に戻ると、コンテナに詰めたワインを取り出し、状態を確認した。小長谷順二事業部長は「無事熟成できたので今年も多くの人に喜んでもらえるのでは」と語った。
 使用したワインは同市の中伊豆ワイナリー生産の「シンフォニー・レッド2016」。今年は7月1日の土肥地区の海開きに合わせて開栓式を行った後、同地区内の酒屋など数店舗で1本(750ミリリットル)7千円で販売を始める。8月17日には同市土肥の松原公園で開かれる海底熟成ワイン祭り「らぶ・まーれ2018」で来場者に提供する。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト