静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

松崎のパパイアをゼリーに 伊豆の名産品目指す

(2018/2/8 08:46)
新開発したゼリーについて説明する関係者=松崎町
新開発したゼリーについて説明する関係者=松崎町
パパイアとレモンマートルのゼリー
パパイアとレモンマートルのゼリー

 松崎町産のパパイアとレモンマートルを使ったゼリーが今月、発売された。生産者の河浦輝雄さんとJA伊豆太陽(下田市)、食品メーカーのウェルエル(三島市)による共同開発。伊豆半島でのパパイアとレモンマートルの生産は珍しく、新しい名産品として期待される。
 花農家の河浦さんは数年前からパパイアの栽培を始めた。「夢で見た」のがきっかけで挑戦し、花卉(かき)栽培の技術を応用して糖度の高いパパイアを生産している。
 イチゴやミカン、イチジクなど伊豆産ゼリーを次々と商品化したウェルエルが開発を担当。同じく河浦さんが栽培に成功した香料樹の「レモンマートル」も使用した。
 レモンマートルは強いかんきつ系の香りが特徴。同社は「試行錯誤を繰り返し、パパイアの糖度とレモンマートルの香りのバランスを改善した」と説明する。5日に同町内で発表会を開いた河浦さんは「珍しい植物同士の組み合わせで希少価値は高い。上品な味に仕上がった」と話した。
 果汁40%。120ミリリットルで希望小売価格は450円。伊豆地域の道の駅や伊豆急行の駅などで販売している。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト