静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

プチヴェールに興味津々 沼津の児童、特産野菜学ぶ

(2018/1/27 08:42)
プチヴェールの特徴を解説する生産者=沼津市立大岡南小(写真の一部を加工しています)
プチヴェールの特徴を解説する生産者=沼津市立大岡南小(写真の一部を加工しています)

 沼津市立大岡南小で26日、特産野菜プチヴェールの生産過程などを学ぶ授業が開かれた。講師を務めた生産者らが4年生の各教室で野菜の特徴などを解説し、児童とともにプチヴェールを使った給食を味わった。
 プチヴェールは芽キャベツとケールの交配種で県原産。4年2組の教室では生産者の増田静磨さん(39)とJAなんすんの職員が栽培方法や栄養価を紹介した。増田さんは実演を交えて茎からの収穫方法を説明した。
 児童は興味深そうにメモを取りながら聞いた。「収穫にかかる時間は」「なぜ葉っぱが硬いの」などと次々質問した。
 市は2001年から学校給食にプチヴェールを導入し、地産地消を進めている。ことしは市内小中学校41校で約180キロを提供する予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト