静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

間欠泉の湯奉納 熱海発展を願う 湯前神社

(2017/2/11 08:40)
大湯間欠泉前で行った神事で、湯をくみ取る関係者=熱海市上宿町
大湯間欠泉前で行った神事で、湯をくみ取る関係者=熱海市上宿町

 熱海温泉の守り神として信仰を集める熱海市上宿町の湯前神社で10日、春季例大祭の湯くみ式と献湯祭が営まれた。神社に隣接する大湯間欠泉の湯をくんで神前に納め、泉脈の永続や温泉街の繁栄を願った。
 同神社奉賛会(佐藤元昭会長)の会員や旅館・行政関係者、芸妓(げいぎ)衆ら約40人が参列した。間欠泉前で行った神事で天然温泉をひしゃくでくみ、たるや白磁器に注ぐと、雨宮盛克宮司の先導で神社に運んだ。
 献湯祭では佐藤会長らが「熱海の発展は温泉のおかげ。例大祭を大切に続けていく」などと感謝の言葉を述べ、市民や観光客の健康長寿も祈願した。
 約1200年前に創建されたという湯前神社は大湯間欠泉とともに「熱海温泉発祥の地」として尊ばれ、秋にも例大祭を続けている。

東部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト