静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「あたみ桜」いよいよ満開 糸川遊歩道

(2017/1/12 08:35)
例年より2週間ほど早く花を咲かせているあたみ桜=熱海市の糸川遊歩道
例年より2週間ほど早く花を咲かせているあたみ桜=熱海市の糸川遊歩道

 熱海市内各所で、早咲き品種「あたみ桜」の開花が例年より2週間ほど早く進んでいる。58本が植栽された糸川遊歩道では10日までに全て開花し、32本が見頃を迎えた。近年まれにみる開花速度だった2016年を上回る勢い。糸川桜まつりの開幕日(21日)に予定していた遊歩道のライトアップ開始を、11日からに前倒しした。
 糸川沿いでは五分咲き状態が22本、三分咲きが4本ある。その他に海浜公園、渚デッキ、渚小公園、熱海梅園内などでも複数の木が見頃を迎えた。早ければ今週末から来週にかけ、市内全体で最盛期に入るとみられる。
 一足早く咲いた濃いピンク色の花をカメラに収めようと、糸川沿いには大勢の観光客や市民が詰め掛けている。
 あたみ桜は開花期間が1カ月以上と他の桜より長く、2月上旬までは楽しめそう。桜まつりは2月12日までで、ライトアップは期間中の午後5~11時。
 問い合わせは市観光協会<電0557(85)2222>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト