静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

故戸塚洋二さんとの研究語る 富士、梶田さん講演

(2017/1/10 09:08)
故戸塚洋二氏との研究の日々を振り返る梶田所長=富士市のロゼシアター
故戸塚洋二氏との研究の日々を振り返る梶田所長=富士市のロゼシアター

 富士市教育委員会は9日、ノーベル物理学賞受賞者で東京大宇宙線研究所の梶田隆章所長による講演会を同市のロゼシアターで開いた。梶田所長は「神岡でのニュートリノ研究と戸塚洋二先生」と題し、先輩である同市出身の物理学者・故戸塚洋二氏との研究の日々などについて語った。
 梶田所長は戸塚氏らと共に研究に励み、岐阜県の観測施設「スーパーカミオカンデ」で素粒子「ニュートリノ」に質量があることを世界で初めて確認。2015年に同賞を受賞した。
 講演ではスーパーカミオカンデの歴史やニュートリノ研究について紹介した。01年に発生したスーパーカミオカンデの事故翌日に、戸塚氏が「測定器を再建する。これには議論の余地はない」と世界に発表したことに触れ「戸塚先生の素早い決断とリーダーシップに感謝している」と振り返った。
 会場には市内の中高生ら約1600人が集まり「ニュートリノの発見は、今後の生活にどのような影響を与えるか」などの質問が上がった。

東部・伊豆トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト