静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

裾野の課題解決策提案 西中生、常葉大生ら市長に

(2017/1/6 08:50)
裾野市の課題解決策を説明する裾野西中の生徒ら=裾野市役所
裾野市の課題解決策を説明する裾野西中の生徒ら=裾野市役所

 ITを駆使して地域の生活向上を図る市民グループ「Code for Numazu(コード・フォー・ヌマヅ)」(市川博之代表)はこのほど、さまざまなデータを活用して裾野市の課題解決を図るイベント「チャレンジ!!オープンガバナンスin裾野」のプレゼン大会を裾野市役所で開いた。
 市立裾野西中の生徒や常葉大の学生らが4~5人ずつの4グループに分かれ、11月に2度にわたって討議した同市の課題解決策や事業案を発表した。生徒らは、工場の壁に市のプロモーション映像を映すプロジェクトや、空きスペースに若者が集まる場所をつくる事業などを提案した。客席では高村謙二市長や市幹部、市民が耳を傾けた。
 市内に点在する専用コードを通じてスマートフォンにキャラクターを集める「すそのんGO!」を提案した裾野西中3年の女子生徒(15)は「ゲームやスマホを通じて、市のSNSの実効性を高められないかを考えた」と意図を語った。
 市川代表は「続けることで情報発信力の強化、人材の育成につながる」と話し、再度の開催に意欲を示した。

東部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト