静岡新聞NEWS

難聴児の支援推進 静岡県立総合病院、豪の研究者と意見交換

(2019/3/13 08:03)
先天性難聴への取り組みについて説明するオーストラリアの研究者ら=12日午前、静岡市葵区の県立総合病院
先天性難聴への取り組みについて説明するオーストラリアの研究者ら=12日午前、静岡市葵区の県立総合病院

 難聴児支援の先進国とされるオーストラリアの研究者らが12日、静岡市葵区の県立総合病院を訪れた。田中一成院長らと、先天性難聴児の早期発見・治療の推進に向けて意見交換した。
 訪れたのは同国に本社を置く人工内耳などの医療機器メーカーの研究者ら。同国では、風疹の流行で先天性難聴の子どもが増加したことや、第2次大戦後に難聴を訴える人が多かったことを背景に国レベルで研究が始まったという。聴覚障害の診断からリハビリまでを行う専門職「オーディオロジスト」を中心とした取り組みにより、難聴児の多くが音声言語を獲得し一般校に通っていることなどが報告された。同病院の出席者からは、オーディオロジストの養成課程などについて質問があった。
 同病院では療育を見据えた早期の治療介入のほか、難聴に関する研究が進められている。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト