静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

焼津の「魚」PR強化 食イベント一体化で誘客

(2018/12/29 08:24)
焼津市が一体的に展開するグルメイベント
焼津市が一体的に展開するグルメイベント

 焼津市は2019年度から、魚食を通じた観光プロモーション事業を強化する。「焼津鰹(かつお)三昧」「鮪(まぐろ)めぐり」などこれまで別々に実施していたグルメ事業を一体的に展開し、年間を通じて「焼津の食」による誘客を図る。28日、委託事業者を選定するための受け付けを始めた。
 春と秋に実施している「焼津鰹三昧」、夏から秋にかけての「鮪めぐり」、「鮪deナイト」、今年11~12月に初開催した「おおいがわ桜えびめぐり」の各イベントのプロモーションを一体的に行うことで、集客の相乗効果を狙う。イベントの空白期間となっている1~2月にも食を活用した新事業を実施する。
 各イベントは鰹、天然ミナミマグロ、サクラエビなど焼津の水産資源をPRし、スタンプラリーなどを通じて市内の飲食店に足を運んでもらう内容。市民有志による実行委員会や、市や水産関係団体で構成する市水産振興会が別々に実施していた。
 市観光交流課の担当者は「一体事業化で、より効果的なプロモーションができる。一年中いつ訪れても焼津ならではの祭りやイベントを楽しめるようにしたい」と話した。
 公募型プロポーザル方式で19年度実施分の委託事業者を選定する。同年1月11日まで参加を受け付け、上限額980万円で企画の提案を受ける。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト