静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

登呂遺跡で文化祭 学生が企画、19年度に事業化へ

(2018/11/10 08:20)
駿河区の魅力を発信する事業を提案する学生ら=静岡市役所駿河区役所
駿河区の魅力を発信する事業を提案する学生ら=静岡市役所駿河区役所

 静岡市駿河区は8日夜、2018年度の区民意見聴取事業「区長とまちみがきセッション」の最終回を駿河区役所で開き、大学生が「地域資源の活用」をテーマに区の魅力を発信する事業を提案した。同区は提案内容を基に、来年度新規事業を実施する。
 静岡大、常葉大、東海大、県立大短期大学部の学生30人が6班に分かれ、4回のセッションでイベントや企画を考案。登呂遺跡で学生や地元の音楽団体が出演する文化祭や、住民に場所を聞きながら秘境にたどり着くスタンプラリーなど、学生が主体となって地域を巻き込む事業を発表した。
 地元住民だから知っている観光スポットや飲食店を紹介する2次元コードを駅前やバス停に配置する提案をした班は、内容を動画で伝えたり、2次元コードをアートにして目を引くようにしたりする工夫を発表した。
 提案の事業化には、希望する学生も参加できる。「積極的に参加したい」という県立大短大部1年の女子学生(18)は「もっと具体化させて学生の底力をみせたい」と意欲を語った。
 杉山たか子区長は「全ての提案が学生主体で頼もしさを感じた」と語り「ともに魅力ある事業をつくりあげよう」と事業化への参加を呼び掛けた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト