静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

考古学の研究成果発表 30年ぶり、静岡で大会

(2018/10/21 09:11)
公開講演会に参加する全国の研究者ら=20日午後、静岡市駿河区の静岡大
公開講演会に参加する全国の研究者ら=20日午後、静岡市駿河区の静岡大

 日本考古学協会静岡大会が20日、静岡市駿河区の静岡大で始まった。22日までの3日間にわたり、講演や見学会を通して最新の研究成果を発表、討論し合う。静岡市での開催は1988年以来30年ぶり。
 初日は佐藤宏之・東大教授が「旧石器時代における境界と地域性の形成」と題して公開講演会を開くなどした。最終日には登呂遺跡や賤機山古墳を巡る見学会も予定している。
 同協会は1948年に登呂遺跡の発掘調査を契機に設立された。今年は70周年に当たることなどから、ゆかりの静岡市での開催が決まったという。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト