静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「近江屋事件」関わった初倉村元村長、今井信郎の石像完成 島田

(2018/10/10 08:52)
初倉中学生の除幕で姿を現した今井信郎像=島田市阪本の今井信郎屋敷跡
初倉中学生の除幕で姿を現した今井信郎像=島田市阪本の今井信郎屋敷跡

 島田市を拠点に活動するNPO法人初倉まほろばの会は9日、「近江屋事件」で坂本龍馬を斬ったとされる元幕臣で初倉村の村長を務めた今井信郎(1841~1918年)の石像を建立し、同市阪本の今井信郎屋敷跡で除幕式を行った。
 同会によると、今井信郎は1878年に初倉に移住。以降約40年間、地域の経済や教育、文化の発展に尽力し、県立榛原高の創設にも携わったとされる。県外からも人が訪れる今井の屋敷跡に何かを残そうと石像の建立が決まり、台座を含め約2・5メートルの巨大な石像が完成した。
 除幕式には地域の歴史を学んでいる初倉中の1年生96人が参加した。代表者8人が布を引き下ろすと、精強な顔つきの像が姿を現し、会場から拍手が起こった。同会の塚本昭一理事長は「初倉を担う皆さんに、全国に発信していってもらいたい」と呼び掛けた。
 男子生徒(12)は「貴重な体験をさせてもらった。もっと今井さんや島田に関わった人を知りたいと思った」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト