静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

仮想の街で仕事体験や買い物 牧之原で「キッズタウン」

(2018/8/20 08:52)
仮想の街で店舗運営や買い物を楽しむ子どもたち=牧之原市相良総合センター「い~ら」
仮想の街で店舗運営や買い物を楽しむ子どもたち=牧之原市相良総合センター「い~ら」

 牧之原市相良総合センター「い~ら」で19日、小中学生がまちづくりや働く喜びを体験するイベント「キッズタウン ぼくらのまちのはら」(まきのはらキッズ夢サポーター主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が開かれた。仮想の街「ぼくまち」で公共施設や店を営んだり、買い物を楽しんだりしてにぎわった。
 「ぼくまち」には市役所や銀行、税務署、放送局、パンケーキ屋やアクセサリー屋、ボウリング場といった19ブースが並んだ。子どもたちは「市民登録」し、ハローワークを通じてアルバイト。給料を受け取ると、納税で社会の仕組みを学びつつ、消費者としてスイーツなどを味わった。
 小中学生63人がスタッフとして7月から企画内容を話し合い、準備を重ねてきた。「市長」を務めた市立相良小6年の女子児童(11)は「明るく楽しい街にする、という目標を達成できた」と自負し、「自ら行動することの大切さを学べた。未来に生かしたい」と話した。
 

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト