静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

織り模様鮮やか、真田紐の装飾品並ぶ 静岡・駿府匠宿

(2018/8/15 09:17)
伝統ある真田紐でデザインされた作品を楽しむ来場者=静岡市駿河区の駿府匠宿
伝統ある真田紐でデザインされた作品を楽しむ来場者=静岡市駿河区の駿府匠宿

 茶道具などを収納する箱紐(ひも)として古くから使われてきた「真田紐」の作品展示販売会が21日まで、静岡市駿河区の駿府匠宿で開かれている。一説に戦国武将真田昌幸が刀の柄を縛る際に使ったのが名前の由来とされる真田紐を用いたアクセサリーや雑貨約500点を展示、販売している。
 特徴である織り模様を生かして真田紐を交互に組み込んだブローチ、紐で装飾を施した革のペンケースやバッグなどが並び、来場者の目を引いている。同展は昨年に続き2回目で、今回、新たなアイデア作品として真田紐で仕上げたカチューシャを出展した。
 出展した駿河区の家具店「創房荻須」の内山あき江さん(57)は「作品を手に取って見てもらい、伝統ある真田紐の魅力を多くの人に知ってほしい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト