静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

座禅体験、庭園巡り…大型企画推進協、旅行会社向けツアー 静岡

(2018/5/17 09:02)
座禅を体験する旅行会社の企画担当者ら=16日午前、静岡市葵区の臨済寺
座禅を体験する旅行会社の企画担当者ら=16日午前、静岡市葵区の臨済寺

 2019年春に静岡県で開かれるJRグループの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、静岡県などでつくる推進協議会は16日、観光素材をPRする旅行会社向けのツアーを実施した。旅行会社の企画担当者ら約300人が、九つのモデルコースに分かれて各地を巡り、食や自然、歴史などの魅力を体感した。
 静岡県中部の名所を訪ねるコースには約20人が参加し、今川義元ゆかりの臨済寺(静岡市)やふじのくに茶の都ミュージアム(島田市)を巡った。普段は一般公開していない臨済寺では、DCのために特別企画を用意。参加者は旅行商品づくりの参考にするため、座禅を体験したり、お堂を見学したりした。
 大阪府から訪れた日本旅行の女性担当者は「若者でも十分に楽しめる内容。アクセスをきちんと発信すれば、関西からの需要も高まる」と話した。
 伊豆半島の東海岸や南部を巡るコースの起点になった熱海市では、参加者39人が伊豆半島ジオパークのジオサイトの一つ錦ケ浦や、若い世代に人気の観光庭園「アカオハーブ&ローズガーデン」などを訪ねた。参加者は「観光列車と絡めて企画を考えたい」「伊豆の新たな魅力を感じた」などと満足した様子で話した。ツアーは15日からのDCに向けた商談会「全国宣伝販売促進会議」の一環。各地で首長らが一行を出迎え、熱心に地元を売り込んだ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト