静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

半世紀、感謝のバレエ 20日に静岡・葵区で記念発表会

(2018/5/12 08:15)
50周年記念発表会に向けて練習に励む生徒たち=静岡市内
50周年記念発表会に向けて練習に励む生徒たち=静岡市内

 静岡市駿河区の「梶田美於バレエスタジオ」は20日、50周年記念発表会を同市葵区の市民文化会館大ホールで開く。宝塚歌劇団や劇団四季にも人材を輩出してきた梶田美於代表は「半世紀の感謝を伝え、舞台と客席が一体となった公演にしたい」と意気込む。
 梶田さんは現役バレリーナだった1968年、近所の子供たちの指導を頼まれ、教室を始めた。現在は娘のまりあさんらとともに、静岡市を拠点に3歳から大人までを指導している。米ニューヨーク・カーネギーホールを始め、8カ国で海外公演し、県内での国体や花博などでも舞台を務めた。
 梶田さんは50年間、多くの生徒と関わってきた。あいさつや立ち居振る舞いなどの指導も重視し、慈善活動などにも力を入れた。梶田さんは「バレエを通して、すてきな女性になってほしいというのが願い」と話し、今後の目標は「10年後の60周年へ努力を重ねていく」と語った。
 記念発表会は3部構成。第1部はクラシック、モダンバレエの小品集、2部は和太鼓演奏に合わせた現代舞踊などを披露する。3部はチャイコフスキー記念東京バレエ団の団員2人を招いて「くるみ割り人形 お菓子の国」を上演する。午後1時半開演、入場無料。問い合わせは同バレエスタジオ<電090(3937)2340>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト