静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

焼津の初鰹、召し上がれ 市内飲食店で限定メニュー

(2018/4/7 08:30)
「焼津春の鰹三昧」で提供される洋食コース料理を試食する関係者=焼津市栄町の山正亭
「焼津春の鰹三昧」で提供される洋食コース料理を試食する関係者=焼津市栄町の山正亭

 全国一の水揚げを誇る焼津市特産の鰹(かつお)を、市内の飲食店が工夫を凝らした料理で提供するイベント「焼津春の鰹三昧」(同実行委主催)が7日、スタートする。2019年春、静岡県で展開される大型観光誘客企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」のプレキャンペーン(4~6月)の注目イベントの一つ。プレDCの期間に合わせ、今年は1カ月ほど前倒しして始める。
 初鰹の時期に合わせ、和洋中さまざまなジャンルの14店舗が限定メニューを提供する。今年で10回目。これまでは市中心街の店舗で実施していたが、市内全体への誘客を狙い、郊外の店舗も新たに参加する。
 本番に先駆け、同市栄町の洋食店「山正亭」で6日、試食会が開かれた。中野弘道市長や細貝雅裕JR焼津駅長らが、漬け鰹ととろろのパスタなど4品のコース料理を堪能した。同店の堀田益正オーナー(60)は「和食のイメージが強い鰹だが、工夫次第で洋食にも合うと知ってほしい」と話した。
 6月17日まで。料金は店舗により千、2千、3千円の3種類。景品が当たるスタンプラリーなども実施する。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト