静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

テレワークで仕事効率化 島田ICTコンソーシアムが実験

(2018/4/6 08:00)
モニター越しに、工場や事務所の勤務者らと会話する社員=島田市川根町家山の三浦製菓本店
モニター越しに、工場や事務所の勤務者らと会話する社員=島田市川根町家山の三浦製菓本店

 島田ICTコンソーシアム産業ICT導入促進部会がこのほど実施した「テレワークを活用した働き方改革」の実証実験が終了した。同部会によると、1カ月間の実験で社員の移動時間短縮や顧客の待ち時間削減など、さまざまな効果が表れた。
 実証実験は島田市に本社を置く三浦製菓で、1月下旬~2月下旬の1カ月間実施した。同社は本社のほか市内に店舗や工場を持ち、静岡市内で在宅勤務する社員がいる。
 実験では本社や店舗など7カ所にモニターを設置し、拠点をつなぐテレビ会議システムを導入。遠隔会議や会話のやりとりなどでシステムを活用した。同部会がまとめた事業総括によると、移動・打ち合わせ時間が19時間、時間外勤務は12時間の削減につながった。社員間のやりとりの効率が上がったことにより顧客の待ち時間短縮も実現した。
 2歳の長男を育てながら自宅でデザインを担当する女性社員は「会議のために会社に行かずに済み、依頼を受けてすぐ作業に取りかかることができた」と振り返る。
 今回の結果を踏まえ同部会では今後、市内の企業でもICTの導入促進に取り組む。事業を担当したオカムラの岡村修社長は「経営基盤強化のアシストをしていきたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト