静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

英語読み聞かせ、母校で児童を前に 相良中1年生

(2018/3/9 08:17)
英語で読み聞かせする中学生(左)=牧之原市立菅山小
英語で読み聞かせする中学生(左)=牧之原市立菅山小

 牧之原市立相良中の1年生が8日、母校の市立相良小や菅山小を訪れ、児童に英語で読み聞かせをした。市が力を入れる英語教育の一環で、小中連携の実践として取り組んだ。
 菅山小では、生徒19人が6年生22人と5グループに分かれ「おおきなかぶ」や「三匹のこぶた」などを披露。発音やスピードを意識しながら読み進めた。
 物語に登場する小道具を用意して臨んだグループも。高塚菜々子さん(13)は「習っていない単語もあったけれど、練習した上で本番を迎えた。中学ではこういった勉強もするんだよ、と伝われば」と感想を話していた。
 新学習指導要領では英語が小学5、6年生で教科化され、外国語活動が3、4年生で始まる。英語教育を進める市内では、すでに1年生から外国語指導助手(ALT)の授業で英語に親しんでいる。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト