静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

目を奪うピンクの濃淡 静岡・感応寺/島田市役所前

(2018/3/8 09:11)
濃いピンクの花が見頃を迎えたヒカンザクラ=静岡市葵区駒形通の感応寺
濃いピンクの花が見頃を迎えたヒカンザクラ=静岡市葵区駒形通の感応寺
見頃を迎えた帯桜=島田市役所前
見頃を迎えた帯桜=島田市役所前

 静岡市葵区駒形通の感応寺(伊藤通明住職)で、ヒカンザクラが見頃を迎えている。
 境内の2本の木に濃いピンク色の花が開き、参拝者を華やかに迎えている。
 伊藤住職(94)によると、このサクラは第2次世界大戦後、焼け野原となった同市内の復興を願い、また戦地で命を落とした戦友を思い同住職が苗を植えて大切に育ててきた。「花を見て季節の移ろいや平和のありがたさを感じてほしい」と話している。

 ■早咲き「帯桜」満開 島田市役所前
 「帯桜(おびざくら)」の愛称で親しまれている島田市役所前の早咲きの一本桜が見頃を迎えている。市によると、7日現在ほぼ満開で、今月末ごろまで楽しむことができそうという。
 帯桜は品種不明の希少な早咲きサクラ。専門機関に調査を依頼した市によると「アタミザクラに似た変異種」という。高さは約7メートル、枝張りは約12メートル。花びらが閉じたり開いたりして花持ちがよく、ピンク色が次第に濃くなっていくのが特徴という。
 1978年に旧島田市の市制30周年記念として植樹され、2007年に公募で帯桜と命名された。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト