静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

国道150号、中島高架橋が24日開通 通勤時渋滞緩和へ 静岡

(2018/3/8 09:09)
中島高架橋
中島高架橋
清水区 立体交差化区間
清水区 立体交差化区間

 静岡市が駿河区の国道150号で整備を進めていた中島高架橋が24日午後、開通する。通勤時間帯に慢性的に発生していた中島交差点の渋滞緩和が見込まれる。市は24日午前、地元住民らを招き開通式典を開く。
 中島高架橋は、国道150号と県道中島南安倍線(通称・インター通り)が交わる中島交差点の渋滞緩和を目的に2007年度に着工した。高架部の長さは1150メートル。総事業費は約57億円で、2分の1は国の補助・交付金。完成により、高架橋を含む国道150号静岡バイパスの工事進捗(しんちょく)率は17年度末で98%になる見込み。
 市の担当者は「通勤時間帯には1キロほどの渋滞が発生していたが、高架橋の完成で基本的になくなると考えている」と話した。
 また、清水区の国道150号清水バイパスと県道駒越富士見線(通称・市立病院通り)を接続する立体交差化事業も完了し、25日午前に開通する。駒越富士見線は全長5・1キロの幹線道路。国道150号の旧道の下をくぐる形で国道150号清水バイパスと接続させた。市立清水病院や日本平へのアクセス向上が期待される。05年度に着手し、総事業費は約18億円。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト