静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

採石場に巨大地層、10メートル「天に昇る竜」 静岡

(2018/3/1 08:50)
採石場で見ることができる空に向かって延びる断層=静岡市駿河区
採石場で見ることができる空に向かって延びる断層=静岡市駿河区

 静岡市駿河区の西武建材舟川工場敷地内にある採石場で、地質学者の塩坂邦雄さん(72)=同市=がこのほど、地面から空に延びるように見える巨大地層(高さ約10メートル)を見つけた。周辺にも珍しい地層が露出し、「地域活性化に生かせないか」と思案している。
 塩坂さんによると、巨大地層は1500万年前ごろ、海底数千メートルで噴出した溶岩が隆起する過程でできた。周辺にはマグマが固まった「枕状溶岩」や、上下が逆さの複雑な地層を多数見ることができる。中でも竜が天に昇るようにも見える巨大地層は「芸術的」(地元関係者)だ。
 周辺は火山岩が豊富で、線路の敷石やアスファルトの材料などにするため採石している。5年ほど前に現地に姿を現した地層群を、昨夏の地元の町おこしイベントで住民に案内されて訪れた塩坂さんが“発見”した。
 2月下旬に塩坂さんに伴われて訪れた別の専門家は「焼津の大崩海岸の枕状溶岩とセットで見ることで海底地滑りの様子がよく分かる」と解説した。
 塩坂さんは「(現在一般の人は立ち入りはできないが)地層群を地元のために役立てる方策がないか考えたい」などと話す。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト