静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡の文化財をカレンダーに 市民が撮影、市が初の作製

(2018/2/27 08:29)
静岡市内の文化財や天然記念物を紹介したカレンダー=静岡市役所静岡庁舎
静岡市内の文化財や天然記念物を紹介したカレンダー=静岡市役所静岡庁舎

 静岡市は、市内の文化財を紹介した2018年度のカレンダーを初めて作製し、販売を始めた。月ごとの民俗行事や歴史的出来事も併せて掲載している。
 紹介するのは有形・無形の文化財や天然記念物。有名な静岡浅間神社の稚児舞のほか、麦わらで作った船を海へと流す「由比北田の天王船流し」、国鉄時代に設置された荷揚げクレーン「清水港テルファー」、高さ20メートルほどの巨石「河内の大石」など、広くは知られていない文化財も多く取り上げた。
 写真同好会「写友三水会」が17年に開催したフォトコンストの応募作品300点の中から、文化財を被写体にした写真を選んでカレンダーに採用した。市の担当者は「市民に呼び掛けたことでさまざまな写真が集まった。身近にある文化財に興味を持つきっかけになればうれしい」と話している。
 B3判、700円。市文化財課や登呂博物館、埋蔵文化センターなどで購入できる。問い合わせは同課<電054(221)1066>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト