静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「白隠さん」を掛け軸に 静岡市美術館で製作体験

(2018/2/18 08:12)
掛け軸作りに挑戦する参加者=静岡市葵区紺屋町の市美術館
掛け軸作りに挑戦する参加者=静岡市葵区紺屋町の市美術館

 臨済宗中興の祖、白隠慧鶴(はくいんえかく)の没後250年記念展「駿河の白隠さん」(静岡新聞社・静岡放送など主催)を開催中の静岡市美術館(同市葵区)で17日、ワークショップ「白隠さんの禅画に触れてお軸をつくろう!」が始まった。3月25日まで毎週土日に開催する。
 小学生以上を対象としたプログラムで、白隠の禅画の複製をミニサイズの掛け軸に仕立てた。参加者はスタッフから白隠の人柄や禅画の意味について解説を受けた後、4種類の禅画の中から1種類を選択。好きな色の和紙とマスキングテープを組み合わせ、のりで貼り合わせた。
 白隠が生涯、活動拠点とした沼津市の松蔭寺の宮本円明住職による法話会も開かれ、地元に伝わる逸話などが紹介された。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト