静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「情熱に賛同」永里選手、アドバイザー就任 藤枝

(2018/2/3 08:18)
北村市長と面会した永里選手(左)=藤枝市役所
北村市長と面会した永里選手(左)=藤枝市役所

 藤枝市や市内のサッカー関係者らでつくる「藤枝なでしこシャインプロジェクト」のアドバイザーに、2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーで、現在はシカゴ・レッドスターズ(米国)所属の永里優季選手が就任した。1日付。2日にはプロジェクト関係者とともに市役所を訪れて、北村正平市長と今後の取り組みに向けて意見を交わした。
 「藤枝は情熱をもって女子サッカーに取り組んでくれている。その思いに賛同した」と永里選手。「継続的に藤枝に出向いて子供たちと接する時間を増やし、技術や根本的な体の使い方などトータル的に伝えていきたい」と意気込みを語った。北村市長は「行政としても女子サッカーに力を入れている。今後はぜひ力を貸してもらいたい」と話した。
 市内には、女子サッカーの社会人チームや強豪校の藤枝順心高などがあり、プロジェクトを中心に官民が連携して女子サッカーの普及、育成活動に力を入れている。永里選手はオフシーズンを生かしながら、サッカー教室で子供たちにアドバイスするほか、講演会やイベントに参加して海外のチームでプレーしてきた自身の経験などを伝える予定。
 1日にはプロジェクトが開催する育成教室「藤枝なでしこアカデミー」で、子供たちに指導した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト