静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

藤枝市と常葉大学生連携 ラッピングバスを制作

(2018/1/31 08:32)
ラッピングバスのデザインを披露する藤田さん(左)ら=藤枝市役所
ラッピングバスのデザインを披露する藤田さん(左)ら=藤枝市役所

 藤枝市は包括連携協定を結ぶ常葉大の学生と連携してラッピングバス1台を制作する。30日に市役所で行われた記者会見で、学生が考えたデザインがお披露目され、プロジェクトリーダーの藤田真実保さん(3年、藤枝市在住)らが説明した。
 若者の発想力活用と市民が地元に愛着と誇りを持つシビックプライドの醸成を図るとともに、市内外に藤枝暮らしの魅力をアピールしてシティープロモーションにつなげたい考え。常葉大造形学部未来デザイン研究会の学生5人が約半年かけてデザインを作成した。
 学生によると、デザインは市中心部や岡部の風景などを取り入れて市全体を表現、「市民の暮らしに大きく関わっている」(藤田さん)として蓮華寺池公園を大きく描いた。藤田さんは「市民の皆さんが共感できるデザインになったと思う。バスを通して地域に愛着と誇りを持ってもらえれば」と話す。
 バスは市が購入し、民間事業者に貸し出す「公有民営方式」の路線バスで、しずてつジャストラインが2月下旬から運行を始める見通し。「藤枝吉永線」(藤枝市―焼津市)や「中部国道線」(藤枝市―静岡市)などを走る予定。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト