静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

火入れで草地活性化 麻機遊水地で実験 静岡・葵区

(2018/1/29 08:12)
ヨシ原を燃やして草地を活性化させる火入れ実験=静岡市葵区の麻機遊水地
ヨシ原を燃やして草地を活性化させる火入れ実験=静岡市葵区の麻機遊水地

 県と静岡市などでつくる麻機遊水地保全活用推進協議会は28日、静岡市葵区の麻機遊水地第3工区で草地を活性化させる火入れ実験を行った。
 火入れとは、地表の古い草葉を燃やして灰にすることで地面に埋まっていた希少植物の種を芽吹きやすくする伝統的手法。同工区に生い茂ったヨシ原の群落の一部約800平方メートルを燃やした。
 実験は今年で3年目。過去2回の火入れの結果では絶滅危惧種に指定されているヌカボタデやタコノアシなど希少植物の生殖が確認された。
 同協議会のメンバーで保全生態学を研究する西広淳東邦大准教授は「自然植物の生態系を維持するには有効な手段のひとつ」と話した。一方で、火を扱うため活動を本格化させるには地域住民の理解を得ながら慎重に進めなければならないと指摘した。
 そのほか、麻機遊水地の植物活用や今後の取り組みについて意見交換会も行われた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト