静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新火葬場は最新設備、モダンな造り 志太広域組合

(2018/1/12 08:25)
照明の色が切り替え可能な告別室兼収骨室=焼津市浜当目の志太広域事務組合斎場会館火葬場
照明の色が切り替え可能な告別室兼収骨室=焼津市浜当目の志太広域事務組合斎場会館火葬場
最新設備をそろえた火葬炉室内部
最新設備をそろえた火葬炉室内部

 焼津、藤枝両市でつくる志太広域事務組合は11日、建て替え工事中の斎場会館(焼津市浜当目)のうち、完成した火葬場を報道関係者に公開した。最新設備を導入したモダンな造りで、14日に完成記念式典と一般向け内覧会を行う。
 旧施設で1室だった告別室兼収骨室は3室に増え、希望日時での予約が取りやすくなる。照明の色は切り替え可能で、告別時は温かな黄色、収骨時には明るい白色に変わる。
 供用開始後は関係職員しか立ち入れない火葬炉室内には最新設備をそろえた。新たな火葬炉は無煙、無臭、無害化が進み、所要時間も旧来より20分ほど短縮される。
 2階には待合室が並び、新たに授乳室も設置した。建物自体は地震被害想定の浸水域を考慮し約1メートル10センチかさ上げし、大雨対策で調整池も50年に1回の確率で降る雨の2倍の容量を備えた。
 2016年度に約3千件だった火葬件数は34年度には約4千件に増える見通し。同組合担当者は「新たな施設でより丁寧な対応を心掛けたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト