静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

スウェーデンと日本、伝統的な織物展示 静岡

(2017/9/27 09:26)
「裂織」の技法で織られたタペストリーを鑑賞する来場者と朝原さん(左から2人目)=静岡市駿河区の静岡県立美術館県民ギャラリー
「裂織」の技法で織られたタペストリーを鑑賞する来場者と朝原さん(左から2人目)=静岡市駿河区の静岡県立美術館県民ギャラリー

 「静岡県フレミッシュ織展」と「静岡裂織公募展」(県フレミッシュ織教室、NPO法人駿河裂織倶楽部主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が26日、静岡市駿河区の県立美術館県民ギャラリーで始まった。10月1日まで。
 出品したのは、同教室を主宰するSBS学苑講師の朝原智子さん(77)=静岡市清水区=と教室生、静岡大教育学部付属特別支援学校の生徒ら。スウェーデンの伝統的織物「フレミッシュ織」や、古布を使った日本の伝統技法「裂織」で制作した温かみのあるタペストリーやマフラーなど約100点が並ぶ。
 透かし織りの大作「銀河」を披露した朝原さんは「とにかく作るのが楽しい。今度はタイ・チェンマイの織りに挑戦したい」と意欲を示した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト